NEWS

最新トピックス

今年のゴールデンウイークは10連休!長期休暇はセキュリティー強化が必要?

今年のゴールデンウイークは10連休!長期休暇はセキュリティー強化が必要?

新元号の発表からはや二日。

ゴールデンウイークまで1カ月を切りました。

今年のゴールデンウイークは5月1日の新天皇即位に伴う休日が作られたことにより4月27日から5月6日まで最大10日間の超大型連休になります。

いまからどこに行こうかなど計画を立ててわくわくしている方も多いのではないでしょうか?

時間に余裕も生まれることからインターネット上のサービスを普段よりも利用する機会が増えることもあるでしょう。

そんな心躍る長期休暇ですが、迎えるにあたってセキュリティ対策を行わなければならないと言います。一体なぜなのでしょうか?

期休暇は対応が遅れる

当たり前ですがインターネット上でサービスを提供している企業も多くのものが長期休暇に入るため利用しているサービスにトラブルがあった際に即座に対応が出来なくなってしまいます。

長期間不在の状態が続き対応出来たとしても本格的な対応は連休後になってしまい問題解決まで多くの時間をかけることになってしまいます。

さらにこの期間は海外旅行へ行くなど普段とは違う行動をとる方が多くトラブルが起こりやすいです。

既に元号が変わることを利用した詐欺が相次いでいることから、新しい元号になるこのゴールデンウイーク中にさらなるトラブルが起きるかもしれません。

そのような事態を防ぐために長期休暇前からセキュリティ対策を行うことが大事だと言えます。

セキュリティを強化するには

サービスのセキュリティを向上させるためにはサービス利用時の認証方法を改める必要があります。そこで効果的なのがSMSを活用した二段階認証です。

そこで効果的なのがSMSを活用した二段階認証です。

二段階認証とは認証方法が二段階に分かれているものを意味します。

具体的な認証の流れは以下の通りです。

  1. 一段階目でメールアドレス、IDやパスワードで認証。
  2. 二段階目で登録されている携帯電話番号宛に送られたSMSに書かれたワンタイムパスワードを入力して認証完了。

この二段階認証を行うことで一段階目のサービス利用者本人でなくても何かしらの方法で情報を手に入れてしまえば認証が完了してしまう『知識認証』に本人でないと知り得ない情報を使った『本人認証』を二段階目で行うことでセキュリティを強化することが出来ます。

現在当社のSMS送信サービスであるプッシュPro-SMSがただいま無料トライアルを実施しております。

トライアルで実際にシステムを操作していただくことで使いやすさを体感していただけるかと思います。

よろしければ下記バナーからお気軽にお問い合わせください。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

IT技術関連カテゴリの最新記事