NEWS

最新トピックス

国際メーデーとは?なぜ日本では祝日にならない?

国際メーデーとは?なぜ日本では祝日にならない?

日本が『令和』という新しい時代を迎えた本日5月1日。

今年は新天皇の即位の日ということもありゴールデンウイークを構成する休日となっていますが、年に一回の『メーデー』でもあります。

メーデーというとよく病院の定休日情報などに掲載されていますがどのような日なのでしょうか?

【メーデーはどんな日?】

もともとはヨーロッパで古くから行われていた『五月祭』に由来しています。

メーデーは英語で書くと“May Day“となり『夏の訪れを祝う日』を表しているのです。

この祝いの日が時を経て産業革命後に頻繁に行われていた『労働争議』(労働者側と雇い主側の間で労働条件をめぐる争い)を第一次世界大戦中のクリスマス休戦のように共に休戦する日となりました。

現在のように労働者側が雇い主側や政権に権利を訴えるようになったのは1886年5月1日にアメリカのカナダ能力労働組合連盟の“8時間労働制を要求するストライキ”が発生したことがきっかけだとされています。

当時のアメリカでは1日12時間以上の労働が当たり前になっていたため人々は休息や家族と過ごすための自由な時間を持つことが出来ずにいました。

人々は『第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために』をスローガンにストライキに参加しました。

その後もストライキは初回と同じ5月1日に繰り返され、1890年の5月1日にはアメリカやヨーロッパ諸国で第1回国際メーデーが実施され労働者の権利を主張する日として世界中に広まりました。

これらのことからメーデーは時代と共に変化した日であると言えます。

【日本のメーデー】

『世界の多くの国や地域ではメーデーを祝日に制定していることがほとんどなのにも関わらずなぜ日本のメーデーは祝日にならないのだろう?』と思う方も多いでしょう。

日本には既に『勤労感謝の日』があることから同じ意味を持つメーデーが祝日にならないと考えられてきました。

元から勤労感謝の日があることやまた今でこそ目にする機会が増えましたが、日本は海外と違いあまり国民が権利を訴えるようなデモ行進を行わないこともメーデーの知名度が上がらない要素であるとも考えられるでしょう。

日本では祝日ではありませんが労働者の権利を見直す良いきっかけとなる日です。

より良い環境で労働ができるようにも一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

作業を効率化することで日々の業務の負担を軽減することが出来る場合がございます。

よろしければご覧ください。

パソコン(PC)からSMSを送信することで、業務効率化を実現できる!?

ただいま弊社のSMS送信サービスであるプッシュPro-SMSの無料トライアルを実施しております。

操作方法もとてもシンプルで運用しやすいものになっていますので、よろしければ下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

 無料トライアルで実際のシステムに触れていただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ちいただけることと思いますのでぜひ一度お試しください。

お問合せお待ちしております。

住宅インフラ環境カテゴリの最新記事