NEWS

最新トピックス

次世代イギリス王室メンバーが立ち上げた新プロジェクト『Shout(シャウト)』とは?

次世代イギリス王室メンバーが立ち上げた新プロジェクト『Shout(シャウト)』とは?

先週8日にメーガン妃とヘンリー王子による第1子のお披露目会見が行われたばかりのイギリス王室。

その中でも上記2名の他にウィリアム王子とキャサリン妃の4名(通称ファブ4)の次世代王室メンバーによるチャリティプロジェクトが発表されました。

プロジェクト名は『Shout(シャウト)』といい、アメリカのお悩み相談などが出来る『クライシス・テキストライン』を手本にして訓練を受けたボランティアスタッフがカウンセラーとなり24時間体制でメンタルヘルスに問題を抱えている人々にSMS(ショートメッセージサービス)を使って相談やアドバイスなどのサービスを無料で提供するというものです。

これによりスマートフォンでいつでも誰でも簡単にサービスを受けることが出来るようにすることで若い世代の支援に繋がりやすくしています。

このサービスのカギとなるボランティアスタッフは2019年末までに4000人を集める計画を立てていて現在以下のような条件で募集中とのことです。

・18歳以上

・コンピューターを持っている

・安全なインターナっと環境にいる

・25時間のトレーニングを受けることが出来る方

・週に2~4時間時間ほど活動出来る方

なぜSMSが使われるのか

ほとんどの人々が携帯電話のメールを使わなくなり『LINE』などのメッセージアプリで連絡を取るようになった日本。

携帯電話番号で短いメッセージのやり取りができるSMSも普段のやり取りでは使わないという人が多いでしょう。

もちろん海外にも『WhatsAPP』や『Messenger』などのメッセージアプリがありインターネット環境であれば世界中の人々とコンタクトを取ることが出来ます。

“アプリがあるのにどうしてわざわざあまり使われないSMSでメンタルヘルスの相談を受け付けるサービスを提供するのだろう?“と思う方もいるのではないでしょうか?

SMSは日本では日常的に使われないため馴染みが薄いですが、実は海外ではEメールよりも日常的に使われています。

⇒よろしければこちらをお読みください。

またSMSは世界で販売されているほとんどの携帯電話に標準的に備わっている機能のため

上記で挙げたようなメッセージアプリをインストールする手間もなくスマートフォンの容量を圧迫しません。

そしてフィーチャーフォン(ガラケ)にも備わっているため

携帯電話の種類に依存することがなく多くの人々が利用出来ます。

またSMSは届くと画面にプッシュ通知がされるため

メッセージに気が付きやすいという特徴から高い返信率を誇っています。

メンタルヘルスの問題を抱えていて1秒でも早く誰かに話を聞いてもらいたい人がいる時にも重宝しそうです。

人が前に進むためのサポートを

このようなことからSMSは様々な特徴があり気軽に使えるツールであるため

海外では日常的に使われていて、こうした緊急を有することがあり得るサービスにも使われています。

ただいま弊社のSMS送信サービスであるプッシュPro-SMSの無料トライアルを実施しております。

本文で紹介したようなサービス以外にも飲食店の予約確認(リマインダー)や教育機関の保護者への連絡などにもお使いいただけます。

操作方法もとてもシンプルで運用しやすいものになっていますので、

よろしければ下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

 無料トライアルで実際のシステムに触れていただくことで、

より明確な使用時のイメージをお持ちいただけることと思いますのでぜひ一度お試しください。

お問合せお待ちしております。

SMS関連カテゴリの最新記事