NEWS

最新トピックス

多目的トイレにある見慣れないマーク。オストメイトの人にとって使いやすい設備とはどのようなもの?

多目的トイレにある見慣れないマーク。オストメイトの人にとって使いやすい設備とはどのようなもの?

たくさんの人々が利用する学校、公園や駅などの公共施設や商業施設などのトイレ。

トイレには『男性用』『女性用』の他に様々な人が利用する『多目的トイレ/みんなのトイレ/だれでもトイレ』があり

入り口や扉には車いすの人、こども連れの人、赤ちゃんのおむつを取り替える人などのピクトグラムが描かれています。

そのいくつかあるピクトグラムの中におなかに十字マークが描かれているものを見たことがありどんな人を表しているのか疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

このピクトグラムは『オストメイトマーク』といって、

『オストメイト』と呼ばれる病気やけがで排せつ機能に支障をきたしてしまい、

おなかに人工的に排せつ口である『ストーマ(人工肛門/人口膀胱)』を造設している人が使いやすい設備を備えてあるトイレだということが分かります。

オストメイトの人にとって使いやすい設備とはどのようなものでしょうか?

なぜ従来のトイレで処理しにくいのかオストメイトの仕組みと併せて紹介していきます。

多目的トイレの中はどうなっている?オストメイトの人に使いやすい設備とは

どのような設備がオストメイトの人にとって使いやすいトイレであるのかを理解するためにはストーマの仕組みを知っておく必要があります。

ストーマとは腸や尿管を直接おなかのそとに出すことで病気やけがで排せつ機能に支障をきたした場合にも排せつを出来るようにする便や尿の出口を表します。

この人工的に造設した出口は肛門と違って筋肉が無いためトイレを我慢するということが出来ず自然と排せつされてしまうという特徴があります。

そのまま日常生活を送るのは難しいため『パウチ』と呼ばれる排せつ物を受け止める袋を装着する必要があります。

排せつ物が溜まったらパウチを取り外し中身をトイレに流してパウチの洗浄や取り替えを行います、

そのためトイレにはストーマ装具(パウチ)の交換ができる『汚物流し台』、装着を行うための装具が置ける『カウンター』、ストーマを装着していたあたりの皮膚の洗浄やふき取り、衣服や使用済みの装具の洗浄や廃棄などができる『収納式の着替え台』『シャワー』などの設備が必要です。

特に汚物流し台は従来の洋式トイレだと位置が低くて汚物を流しづらいことがあるのでストーマの高さに合わせたものを取り入れている場合があります。

みんなが使いやすい設備を

車いすの人などと違ってオストメイト人は服を着てしまえばおなかに造設したストーマは隠れてしまうためオストメイトでない人と外見上では判別しにくいです。

そのため従来のトイレではない多目的トイレを利用すると「多目的トイレの対象者ではないのに利用しているのではないか」や「悪ふざけの為に利用しているのではないか」と疑われトラブルに発展しやすいといいます。

最近外見では判別ができなくても周囲からの援助や配慮を必要としている人だとわかる『ヘルプマーク』も徐々に認知されてきています。すぐにとはいきませんが少しずつ人々の間で理解が深まることで『本当に必要としている人が利用している』という認知が高まれば気持ちの面でもより利用しやすくなるのではないでしょうか。

生活カテゴリの最新記事