NEWS

最新トピックス

GoogleのURL短縮サービス「Google URL Shortener」がサービス終了。早めの乗り換えが必要

GoogleのURL短縮サービス「Google URL Shortener」がサービス終了。早めの乗り換えが必要

「メールにURLを張り付ける際にURLが長すぎて改行されてしまい本来送りたかったのもではなくなってしまった。」「URLが長すぎて口頭で伝えるのが難しい」などURLが長いことで起こる問題はいくつかあります。

その問題を解決するためにURL短縮サービスを使う場合があります。

その数あるURL短縮サービスの中でもGoogleの『goo.gl』を用いた『Google URL Shortener』はURLを短縮するだけではなくURLがクリックされたブラウザ,地域やクリック数のチェックが可能とあって非常に便利であったため多くの利用者がいました。

しかし今年Googleは2009年より提供していた同サービスを2019年3月30日をもって終了することを発表しました。

この2019年3月30日という期限はこのサービスを利用したことのある既存のユーザーに限ったことであり、利用したことのない,匿名で利用していたユーザーはすでに今年の4月13以降にサービスが利用できなくなっています。

サービス終了後も既に生成されている短縮するURLは引き続き機能するようですが新たに生成することが出来ないためサービス終了するまでに代替サービスなどに乗り換えておく必要があります。

そこで今回はサービス終了が発覚したGoogleの開発者ブログにてアナウンスのあった代替サービス3つを紹介します。

 

 

Firebase Dynamic Links(FDL)

Googleが提供している『Firebase』というアプリ開発支援サービスにある機能の一つです。

もともとが開発者向けサービスであることからURL短縮のためだけに気軽に利用したいという場合には敷居が高そうという現状があるようです。

 

Ow.ly

ライアン・ホームズが開発しバンクーバーのHootSuite Media,Incが提供しているソーシャルメディア運用サービス『Hootsuite』にある機能の一つです。

利用するためにはアカウントを作成してのログインが必要です。

 

Bitly

Googleがアナウンスした代替サービスの中で唯一URL短縮に特化したサービスです。

Bitlyのホームページにアクセスして短縮したいURLを張り付ければすぐに短縮が行われるところが最大の魅力です。

さらにユーザー登録をすれば短縮URLをカスタマイズすることもできます。

 


 

以上3つがGoogleよりアナウンスのあったサービスですが弊社(株式会社WillPlace)にも同様のサービスがあるので一緒に紹介していきます。

 

プッシュPro-SMS

弊社のSMS送信サービスである『プッシュPro-SMS』にある機能の一つです。

SMSとは携帯電話番号を用いてパソコンからショートメッセージが送信できるサービスでありPDFなどのデジタルファイルを添付が出来たり,メールアドレスを用いたメッセージよりも高い開封率を誇り業界・業種を問わず様々なビジネスの場で利用されています。

ショートメッセージであるため限られた文字数を節約する目的で備わっている機能です。

SMSを利用しなくてもこちらの機能のみを利用されているお客様も多くいらっしゃいます。

現在、当社のSMS送信サービスであるプッシュPro-SMSの無料トライアルを実施しておりますのでよろしければ下記バナーからお問い合わせください。

利用すれば本来の長いURLを張り付ける必要がなくなる非常に便利な短縮URL。

このようにサービスによって特徴が異なるため自身や企業に適したサービスを見極めて早めに乗り換えておくことが好ましいでしょう。

SMS関連カテゴリの最新記事