NEWS

最新トピックス

緊急時や災害時にこそ役立てるSMS送信システム

緊急時や災害時にこそ役立てるSMS送信システム

シグナリングチャネルとは

SMSの送信にはインターネット回線を利用するEメールとは違う通信手段が使われています。携帯端末でインターネットやEメールを行うときはパケット通信が使われています。パケット通信とは小包という意味合いで、データを小包のように小分けにして送受信します。データを小分けにすることにより、同じ回線を使っても効率よく送受信できるように考えられています。それとは違い音声通話ではひとつの回線を独占して話す回線交換方式を使います。この回線交換は音声回線(トラフィックチャネル)と信号線(シグナリングチャネル)から構成されています。SMSでは電話のように音声を伝達する必要がないため、テキストメッセージを信号線(シグナリングチャネル)で送ることにより、データ量が軽く、音声回線と混同することもないので、より正確で確実な連絡手段だと言えます。

 

SMSは独占する回線交換方式だから確実

先での解説のとおり、パケット通信のような、ひとつのインターネット回線をみんなで使う通信手段ではなく、送信する際には回線を独占して通信するため、緊急時の連絡や重要なお知らせ、災害時の安否確認などに幅広く活用が可能です。特に近年の自然災害が発生した際、インターネット回線が被害を受け、通信できない事象が数多く発生いたしました。ですが、音声通話は難しいにせよ、データ量が非常に軽いSMSは送ることが出来たと言われています。日本の3大通信キャリア(docomo・au・SoftBank)が重要なお知らせにSMSを活用しているのは、正確に確実に送ることができる事実があるからなのです。

 

法人から顧客への連絡手段SMS送信の利点

より確実に重要なお知らせをする方法が、SMS送信にあることはここまでの解説でご理解いただけたかと思います。では実際にどのような使い方があるのか解説していきましょう。

 

さまざまな一括送信、一斉送信機能

弊社の「プッシュPro-SMS」での送信方法

 

  • 事前登録したアドレス帳から複数人を選択して一斉に送信する。
  • CSVファイルをドラックするだけで一斉に送信する。
  • 日付や時間を指定して、一斉に送信する。

 

様々な送信手段から顧客のニーズにあわせて送信方法を変えて行うことも、業務効率化においては重要な選択肢だと思われます。

 

現在、当社のSMS送信サービスであるプッシュPro-SMSの無料トライアルを実施しておりますのでよろしければ下記バナーからお問い合わせください。

 

SMS関連カテゴリの最新記事